■CALENDAR■
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31       
<<前月 2019年03月 次月>>
■LOGIN■
現在のモード: ゲストモード
USER ID:
PASSWORD:
■NEW ENTRIES■
■RECENT COMMENTS■
■CATEGORIES■
■ARCHIVES■
■LINK■
■PROFILE■
■POWERED BY■
BLOGN(ぶろぐん)
BLOGNPLUS(ぶろぐん+)
■OTHER■

11/22モーニングセミナーの様子
 11月も最後の週となりました!
今年も残すところひと月ですね! ほんとに毎年1年の終わる速さが加速し・・・はうー
 毎年の課題、今年こそは大掃除と年賀状を早めに終わらせたいものですぎょ

 それでは、先週のモーニングセミナーの様子ですlove

1月22日  M・S

★ 姫野知俊会長挨拶

先週は竹田市最大のイベントである“竹楽”があった。当会員のなかに中心的な役を
されている方々がおり、本当にお疲れ様でした。3日間で10万人という来場者で大成功
だったと思う。私も妻と子供を連れて2日間歩き感動した。“竹楽”は19回目で当会は11
年目だが完全燃焼できるように頑張っていきたい。

 先日軽ワゴンに荷卸しをしていたときにドアの角に頭をぶつけてしまった。あまりにも
瞬間的で強くぶつけノックダウンしてしまった。流血して倒れ込んでいるところにちょうど
兄である社長が通りかかった。優しい声をかけてくれるかと期待したが、『お前は倫理で
何を勉強しているんだ? 吸い殻やジュースの缶など始末しないから車が怒ってるぞ!』
との思いもかけない兄の注意。薄れゆく意識のなかでしみじみと後始末の大切さを知ら
された出来事だった。


★ 特別スピーチ       まちづくりたけた(株)  代表取締役  児玉誠三氏



 まちづくりたけた(株)は2015年に竹田市より3000万円、他団体・企業より700万円、計
3700万円の出資で、中心市街地活性化基本計画に基づき城下町エリアの商業的活性
化を目的として内閣総理大臣に認定され設立した会社である。全国に100ヶ所程度ある
ようだが、実際に稼働しているのは半分程度かと思う。

 前職では暮らしのサポートセンターを立ち上げ住民同士がお互いに支え合う仕組みを
つくってきたことから社会福祉協議会の事務局長をやってきた。職員には『現場の仕事
であり行政の下請けではない』ということを一貫して言い続けてきた。この現場での経験
と市会議員の経験、そして自身が城下町の出身であることから、私への要請であったと
受け止めている。これまでの経験から対話を最も重要視している。

 会社では常勤職員は二人であとは地域おこし協力隊の皆さんが業務支援をしてくれる。
これからは収益事業を目指していくが、その一つがふるさと納税の支援。竹田市の昨年
度は4500万円で3年後には3億円を目指す。その1割が収益になる。

二つ目は不動産活用促進で本町を拠点とする“まちの駅”づくりだ。ギャラリー、カフェ、
まちホテル、食のスペースなどの構想がある。まちホテルは古民家をリノベーションして
素泊まりにし食事は街中でしてもらうという考えだ。

三つ目は電力小売り事業。事業収益の一部を文化政策、教育環境の整備など市民サ
ービスに還元することとし、少子高齢化や人口減少という地域課題の解決に寄与したい。
すでに議会で承認を受けたが、来年の3月時点で方向性を見極めたいと考えている。


★ 特別スピーチ   まちづくりたけた(株)   総括マネージャー  子安史朗氏



会社のニックネームは“アグル”。大分弁でおもてなしの心、物を差し上げるときに言う
アグルを表現している。3名の地域おこし協力隊の総括マネージャーとして3年になる。
これまで3年間のアグルの主な役割は、①空き店舗の利活用促進、②創業支援、既存
事業者経営支援、③まちの人の活躍の場づくり、④竹田市のプロモーション・情報発信。




| 竹田市倫理法人会::モーニングセミナー | 11:55 AM | comments (0) | trackback (0) |










http://www.oita-rinri.jp/office/taketa/blog/tb.php/1001
PAGE TOP ↑